☆人工歯根の費用・健康保険・支払い方法について

Q4 人工歯根費用はいくらですか?
   健康保険は使えますか?
   支払い方法は?

A4

新聞報道やテレビのニュース解説などで先刻ご承知のこととは思いますが、歯科治療では健康保険が使えないケースが頻繁にあります。大切な注意点についてわかりやすく説明させていただきます。

国の医療制度社会保険や国民保険などの健康保険は虫歯や歯周病を対象として昭和30〜40年代に承認された旧式の治療法のみ適応されます。しかし虫歯や歯周病の治療であっても巨額の赤字財政に苦しむ日本政府の社会保障費・医療費削減策によって、現在では多くの制限が加えられていますので、利用者様のご希望通りの適応や治療の仕上がりができない場合もございます。また歯科医療費の抑制方針により、地域の平均を上回る多額の請求を健康保険で行うことは不適切な請求とみなされ行政処分の対象となる場合があります。なお当局により歯科医療機関自身に自主規制が求められておりますので一度に多数の治療箇所を健康保険を使ってご希望される方は歯科治療が可能かどうか治療に入る前に必ず担当者にご相談ください。

 歯科IMPLANT埋入手術およびIMPLANT治療と一連と見なされる骨造成手術やフィクスチャー周囲の軟組織の手術は健康保険が適用されません。自由診療となり、その費用は全額自己負担となります。

 歯科人工歯根などの自由診療(保険外診療)には厚生労働省より薬事法に基づいて認可されている方法や器材であれば、全く行政的または法的な制限や規制はありません。2000年以降に開発された最新の薬剤や治療方法を自由に何度でも好きなだけ適用することができます。ご利用者さまのご希望に対し、最大限お応えすることが可能です。自由診療ではクライアント様にご満足いただけることが治療のゴールです。また当院の自由診療にはすべて保証制度が付帯しておりますので安心して治療を受けることができます。

歯科インプラント よくある質問のTOPへ


■人工歯根料金表

 

★シンプル1回法
(低価格重視型タイプ)
上部構造込みで1本あたり総額
204,750円(税込)
★審美2回法
(高機能重視型タイプ)
上部構造込みで1本あたり総額
309,750円(税込)

またCT撮影をする場合には

CT撮影料
データ変換、分析・診断料
10,000円(税込)
29,000円(税込)
その他の費用
ナイトガード
(歯ぎしり防止用マウスピース) 
インプラント後の定期メインテナンス
治療完了後の定期管理用の      
レントゲン撮影費用
15,000〜35,000円(税込)

2,000〜5,000円(税込)
1,000〜5,000円(税込)

 

(これらは平成22年7月1日現在の価格です。価格および仕様は予告なく変更する場合がございます。すべて税込です。)  

歯科インプラント よくある質問のTOPへ


■支払い方法

お支払いには、現金お支払い・各種カード・クレジットをご利用いただけます。

1.現金
@ 一括払い
A 2回払い(無金利・応相談)

2.クレジットカード 
ご加入のカード会社によりリボ払い、分割払い、ボーナス払いが選択できます。

クレジットカードでのお支払いは自由診療(保険適用外診療)に
限らせていただいております。

image-card.gif

3.分割払い
デンタルローン 

特 徴
その1 実質年率8%の分割払い。最大60回まで。
その2 当院備え付けの申し込み用紙に記入と届け出印を捺印するだけで
     申し込みができます。
その3 地元の銀行系なので安心です。
その4 IP治療1本(およそ30万円)を48回払いにすると、
     月々7,300円からとゆとりがあります。

歯科インプラント よくある質問のTOPへ


■医療費控除制度をご存知ですか?

所得の多い方ほど自由診療の医療費分の税金が還付されます。
1年間に支払った医療費が10万円を超えた場合、200万円を限度として所得から控除されます。
医療費控除には最寄りの税務署に確定申告することが必要です。

詳しくは
国税庁ホームページへ 

歯科インプラント よくある質問のTOPへ

 もどる 次へ

▲インプラントガイドHOMEに戻る