☆人工歯根は感染しやすいと聞きました

Q8 人工歯根は感染しやすいと聞きましたが?

A8

1980年代以前の古い世代のIPシステムでは、ばい菌の感染により、フィクスチャーが顎の骨と結合しない場合もあったようですが、現在主流のシステムでは当時のデータと比較すると感染する可能性は極めて低くなりました。
しかし、IPも歯周病になります。しっかりとプラークコントロールを行い、フィクスチャーと歯肉の間にプラーク中のばい菌が入り込まないように正しいお手入れをすることが必要です。

バイオセラムインプラント23

 旧式の人工歯根は撤去されます。

歯科インプラント よくある質問のTOPへ

もどる 次へ

▲インプラントガイドHOMEに戻る