★近代歯科インプラントの歴史

1913年 Grennfieldにより白金イリジウムからなるケージ型の
人工歯根が行われた。
1938年 Strock兄弟によりネジ式の人工歯根が臨床応用された。
1958年 Chercheveは上部構造とインプラント体のtwo-partからなる
sleep-away人工歯根を考案した。 
1964年 スウェーデンの整形外科医 ブローネマルクがチタンと骨との
オッセオインテグレーションOsseointegrationを定義した。
1967年 北米でブレードベンド人工歯根が開発された。
1970年頃 下顎の臼歯部にもインプラントが応用されるようになった。
1970年代 大阪歯科大学の川原春幸らにより日本で
単結晶サファイア・タイプ(バイオセラム)が開発された。 
1970年代 スイスではITIタイプ、ドイツではIMZ(のちのカムログ)
タイプが開発された。
1985年 インプラント体表面にHAコーティングされた
Calcitekインプラントが開発された。
1990年代 上顎洞提挙上術、骨移植、GBR、抜歯即時埋入などの
適応症が拡大された。
1994年頃 審美性を強く意識した多くの術式が開発される。
1995年頃 各システムに優れた回転防止機構、フィクスチャー体破折防止機構が導入される。 
1990年代後半 日本においても歯科インプラントが一般的となり欠損補綴の第一選択となる。

Dr.川原と

日本で最初にインプラントを開発した川原春幸先生は
私の恩師です。

 

 

 

 

▲このページのTOPへ 

 ▲インプラントガイドHOMEに戻る