☆フィクスチャーの種類

Q13 人工歯根にはいろいろな種類があるようですが、
    どのようなシステムに対応できますか?

A13

世界におけるIPシステムには従来のチタンタイプ(Titan Surface)と新しいHAタイプ(HA Coated Surface)の2つのシステムがあります。

当院では後者のチタン合金にHA(ハイドロキシアパタイト)コーティングされた人工歯根を使用します。

この2つのシステムは全く違う特性がありますが、
欧米人と比較して、顎の大きさが小さい日本人に適するのはHAインプラント(HA Coated Surface)であると私たちは考えています。

歯科インプラント よくある質問のTOPへ


■HAタイプ(HA Coated Surface)の特徴

 

@ 骨誘導能(骨伝導性)があり、骨との結合力が高く、力に対する抵抗性が大きく、
   従来のシステムよりも早期結合と長期安定性が期待できます。
   チタンタイプ(Titan Surface)と比較して、深く長く埋入する必要がなくなり
   ました。
A 骨との結合様式を比べてみると、HAタイプBiointegrationと呼ばれる、
   電子顕微鏡レベルの精度で結合しますが、チタンタイプでは
   Osseointegrationと呼ばれる光学顕微鏡レベルの結合にとどまります。
B HAタイプでは周囲骨と1.5mm程度のギャップがあっても結合するため、
   必ずしも初期固定が必要ではありません。
C ジンマーデンタルスプラインMP-1型ではHAの結晶化率が97%にも達し、
   HAの溶解率は極めて少なくなりました。

 

当院ではHAインプラント(HA Coated Surface)を安心して自信を持ってご提案しています。

歯科インプラント よくある質問のTOPへ 


 

■やまぐち歯科医院が採用する3種類の人工歯根システム

 

<1>AQB(1ピース1回法、アドバンス社、日本製)

特徴@ 継ぎ目のない機械的強度に優れた製品である。
      接合部のトラブルがない。
特徴A 再結晶化(純化)HAコーティング技術により骨との結合
     (インテグレーション)が早期に実現
される。
特徴B 構造がシンプルで、低コストである。
 

AQBimplant4.jpg

詳しくはコチラ 

 


<2>ジンマーデンタルスプラインMP-1
    (2ピース2回法、ジンマーデンタル社、米国製)

特徴@ 「MP-1」と呼ばれる安定したHAコーティング層を有している。
特徴A 骨とフィクスチャーが直接結合するBiointegrationを呈するため
      脆弱な骨質でも骨内安定性が得られる。
特徴B HAの優れた骨伝導性(骨誘導能)によってフィクスチャー周囲に
      優れた骨形成を促す。
特徴C スレッドタイプはセルフタップ機構を有しており、一回法の術式も可能である。
特徴D フィクスチャー体アバットメントの連結部はスプラインと呼ばれる
     強固な構造様式
となっている。

 

カルシテックインプラント
詳しくはコチラ


<3>POI-EX FINATITE
    (2ピース2回法、京セラグループ日本メディカルマテリアル社、日本製)

特徴@ 2000年に国内トップシェアを獲得した「純国産人工歯根」
特徴A 1回法でも2回法でも使用できるフィクスチャーデザイン
特徴B テーパー型のフィクスチャーは細い歯槽提においても植立が可能である。
特徴C 日本人(東洋人)の歯槽提に合ったフィクスチャー径のバリエーションがある。


POI-EXインプラント 
詳しくはコチラ

 


<その他>高次医療機関との連携により、STRAUMANN(ITI)、3I、ミューワンなど各種製品の取り扱いもございます。  

歯科インプラント よくある質問のTOPへ

もどる 次へ 


 

HAタイプ(HA Coated Surface)の特徴 

 

@ 骨誘導能(骨伝導性)があり、骨との結合力が高く、力に対する抵抗性が大きく、
   従来のシステムよりも早期結合と長期安定性が期待できます。
   チタンタイプ(Titan Surface)と比較して、深く長く埋入する必要が
   なくなりました。
A 骨との結合様式を比べてみると、HAタイプBiointegrationと呼ばれる、
   電子顕微鏡レベルの精度で結合しますが、チタンインプラントでは
   Osseointegrationと呼ばれる光学顕微鏡レベルの結合にとどまります。
B HAタイプでは周囲骨と1.5mm程度のギャップがあっても結合するため、
   必ずしも初期固定が必要ではありません。
C ジンマーデンタルスプラインMP-1型ではHAの結晶化率が97%にも達し、
   HAの溶解率は極めて少なくなりました。

 

当院ではHA-IMPLANT(HA Coated Surface)を安心して自信を持ってご提案しています。

歯科インプラント よくある質問のTOPへ

もどる 次へ


▲インプラントガイドHOMEに戻る